食味官能試験をしました。

農耕舎はもともとが入広瀬、守門、広神にあった農業公社が合併して出来ていますので、

耕作範囲がかなり広くなります。

その中でどこのお米が美味しいか職員で食味官能試験をしました。

  • 1.手順の確認をします。それぞれの検体の水分を測り、加水量を決め総重量を合わせます。
  • 2.4台の炊飯器で行います。
  • 3.手順の説明をします。
  • 4.とぎ方も回数をきめ、4人が同時に行います。
  • 5.4人が同時に炊飯器のスイッチを入れ、炊きあがって混ぜます。
  • 6.農耕舎の耕作する中で4ヶ所を選び、食味を調べます。何番がどのお米かは理事長知りません。今回はマスコミを賑わす、他県初の特A米も紛れ込ませてあります。
  • 7.食味官能の仕方についても説明を受けます。
  • 8.基準のお米を食べてから、それと比較して次のお米がどうか判断します。全て基準のお米と比較して点数を付けました。