私たちが作る魚沼産コシヒカリが美味しい3つの理由

1.米作りに適した気候

田園風景

生育中の稲は、光合成でデンプンを作り、しっかり蓄えます。夜の気温が高いと蓄えたデンプンを多く消費するので、お米の生長期には、昼夜の温度差があることが重要です。
魚沼の夏は、昼間にどんなに暑くても、夜になるとぐっと涼しくなります。エアコンの涼しさとはまったく違った、心地よい涼しさを感じることができます。

お米が実る時期の魚沼の平均気温は24.5℃と最適値に近く、この昼夜の温度差の大きいことがおいしいお米の穫れる理由の一つです。


2.栄養を蓄えた水と土

日本有数の豪雪地帯である魚沼の豊富な雪解け水は、米づくりに必要な水量をもたらします。
また、山奥の腐葉土から取り込んだ多くのミネラルを水田へ運びます。

栄養を蓄えた水と土

さらに、私たちの田んぼは稲の生育にあった適度な粘土を含んでおり、どんな気象にも負けない丈夫で美味しい米に仕上がります。

粘土質の土壌は、毎年入れる有機物や、山からの水に含まれる栄養を肥料として土の中に逃がさず蓄えます。栄養は少しずつ分解され、ゆっくりと吸収する為、どんな気象にも強い稲に育ちます。美味しいお米になるのは、この有機由来の栄養のおかげでもあります。


3.日々の管理

ハウス内の苗

稲は、日当たり・土質・標高などによって、生長の具合が違うため、毎日巡回して水の量を調節したり、肥料をあげたり、お世話しています。また、畦の雑草や病害虫にも気を使うため、田植えから稲刈りまで、目が離せません。